HOME > 電子書籍制作の流れ

電子書籍制作の流れ

電子書籍データ(EPUB形式)を制作いただければ、Amazon kindleストアでの販売が可能です。EPUBは国際電子出版フォーラムが策定したオープンスタンダードのファイルフォーマットで現在の電子出版業界で最も普及している規格になります。

1.入稿

既刊本(出版済みの書籍)でのご依頼の場合は、本を一冊お送りください。書籍用に編集されたデータ(word,一太郎など)や既刊本を製本した際の版下データ(inDesignなど)をお持ちの場合は、そちらをお送りください。手書き原稿の場合は原稿のコピーを一部お送りください。

矢印

2.出版権、著作権等の確認

既刊本や版下データの場合は、電子書籍化とサイト掲載等にあたって、出版元などに出版権や著作権の確認および許可を得る必要があります。 許可が得られた場合にのみ、電子書籍の制作が可能になります。

矢印

3.お見積

1.既刊本でご依頼の場合

まずは本に印刷された文字や写真、イラストをデータに起こす必要があります。 加えて、既刊本に沿った形でのレイアウト(文字組み)、写真や図表の配置などをして電子書籍データにする前段階の書籍用に編集されたデータを制作します。

2.データでご依頼の場合

電子書籍化にあたって、どの程度の編集や修正工程が必要になりそうか、データの中身を確認させていただきます。 (ファイル形式、ジャンル、構成、ページ数、図、写真やイラストの数、全体としての完成度など)

3.手書き原稿でご依頼の場合

原稿の拝見させていただき、どの程度編集や校正が必要になるかを確認いたしますので、原稿のコピーをお送りください。 全工程としては「原稿整理、編集、レイアウト、校正」など紙の本を出版するのと同じくらいの工程が必要になります。全工程を経て電子書籍データにする前段階の書籍用に編集されたデータを制作します。

それぞれ程度の違いにより費用が異なるため、ご依頼ごとにお見積いたします。お見積は無料ですので、お気軽にご用命ください。

矢印

4.ご契約

お見積りをご確認いただき、ご納得いただけましたらご契約の準備をせていただきます。料金のお支払いは郵便振込用紙をお送りいたしますので、事前にお振込みください。

※既刊本でご依頼の場合、お送りいただいた本は制作作業に必要になるためお返しできない可能性がありますので予めご了承ください。ご契約されない場合には、お送りいただいた本は返送いたしますのでので、ご安心ください。

矢印

5.制作作業開始

契約締結後、電子書籍の制作へと進めます。ご依頼の内容によって制作日数は異なりますが、データでのご依頼で編集や修正がない場合はおおよそ2週間となります。既刊本や手書き原稿の場合は編集や校正の必要度合いにより異なるため、お見積りの際にご提示させていただきます。

矢印

6.掲載・納本・委託販売

  1. 日本電子書籍館のサイトで掲載をご希望の場合は電子書籍データが完成してから、おおよそ1週間となります。
  2. 国立国会図書館へ納本手配をご希望の場合にはご用命ください。
  3. Amazon kindleに電子書籍を掲載し、委託販売をご希望の場合にはご用命ください。

矢印

7.納品

完成した電子書籍データはご指定先に納品いたします。納品を持って完了となります。
copyright© 電子書籍振興会 Inc. All Rights Reserved.